クレカ学生おすすめは

クレカ学生おすすめは?

 

クレカ学生おすすめをまとめてみました。
学生クレジットカードを探しているユーザーや、大学生になったばかりという方も参考にしてみてくださいね。

 

 

学生向けのクレカとは?

 

学生クレカとは、その名前の通り、学生のために作られているクレジットカード

 

一般的に高校を取り除く、大学生、専門学校生、短大、大学院生など
18歳〜25歳の方を対象にしたクレカで、学生のユーザー以外は作ることができません。

 

 

学生向けクレカなんて存在するんでしょうか?

 

その理由は単純で、クレジットカードというのはそもそも収入が生じるユーザーに対して、
提供されてある支払い対策のためです。

 

?クレカは収入のある人しか持てない

 

つまり収入がまったくない大学生や専門学校生は元来、
クレカの対象になりえないんですが、大学生などの学生は変則として
クレカを給与ください…ということなのですね。

 

ざっくりいうなら、
収入の乏しい学生でも作れる=学生向けクレジットカード
と考えておくとわかりやすいかと思います。

 

学生クレカの実施限度額は、ほぼほぼ5〜20万円程度で設定されていることが多くなっています。

 

この理由は単純で、安定収入のない学生に
それ以上のお金を使わせたら返還してもらえない危険性が高いからです。

 

 

そのため1枚目線の学生向けクレカよりも、2枚目、3枚目の
学生クレカを作ったときのほうが実施限度額は数少ない可能性が高いです。

 

限度額5万円のカードが届いたとしても、くれぐれもがっくりしないようにしてくださいね。

 

尚、『10万円のものを貰うためにひときわ多めの限度額がほしい!』

 

というような場合には、所有している学生クレカを発行してある
会社に議論をすることで限度額を一時的に上昇範囲してもらうことも可能ですよ
(カード裏側にある電話番号に連絡をして下さい)。

 

アルバイトをやる学生の場合には、学生としての身元の通り
クレジットカードを申し込んだほうが良いのか、
それともアルバイト収入のあるアルバイターという形で申し込んだほうが良いのか迷いますよね。

 

これについては、学生という身元を有効活用したほうがGood。

 

アルバイターという身元はクレジットカード調べにおいて一番低い分類に混じるので、
そちらを表に出してクレカを頼むことは良くないでしょう。

 

そのため、結論としては、

学生では作れないクレカ:アルバイトの身元で申請をする
学生でも出来るクレカ:学生として申請をする

 

といった感じになりますね。

 

大学生や専門学校生では作れないクレカのみ、アルバイトの身元として申込をして下さい
(大学生でもアルバイター名義で発注をすれば、学生では作ることが出来ないカードを入手できます)。